自転車を利用する人は保険に加入しないと危険

保険

自転車を利用する人は保険に加入しないと危険

自転車は通勤の時や買い物をする時等にとても便利な存在ですが、事故を起こしてしまうリスクも存在します。自転車は自動車よりも気軽に乗れて免許証も必要無いので、交通ルールを理解しない状態で運転をしていると、危険な状態です。道路は歩行者や自動車等も利用しているので、交通ルールを守らないで運転をすると、重大な事故を起こしてしまう可能性があり、その場合は高額な賠償金も発生してしまいます。勿論交通ルールをしっかりと守り、被害者側になれば加害者側から賠償金等を受け取れる側になりますが、自転車で歩行者を撥ねてしまった場合は大変な事になります。歩行者の状態にもよりますが、仮に亡くなってしまった場合は数千万円レベルの賠償金を支払う必要が出てくるので、注意が必要です。自転車の保険に加入をしておけば、賠償金の負担を軽減できる可能性もありますから、自転車を頻繁に利用する方は専用の保険商品に加入をしておいた方が安心できます。