色んな保障がある社会保険

保険

色んな保障がある社会保険

いつまでも元気よく暮らしたいものの、病気やケガによって働けなくなる場合があったり、長寿大国という喜ばしさがありますが、生活費を稼ぐために高齢になっても働くというのは大変さがあります。困難のための備えが『社会保険』です。これには、5種類があって、保険証を病院に提出すると受診料が安くなる医療、高齢になったときなどにお金がもらえる年金、失業したときやケガ、病気をしたときにお金が出る労働、それに40歳以上の人が加入する介護という、手厚い内容でまかなえるものです。子どもが生まれたとき、会社が倒産したとき、65歳以上になったとき、人生順風満帆に行かない場合もあるわけで、役立つのがこうしたセーフティネットではないだろうか。政府からは『お年寄りにはお金を配ります』とありがたい言葉があり、加入者は予防接種を受けられますという医療の手が加わり、お金を払うことが前提にはなりますが、万が一のときには保障してくれます。